• facebook
  • twitter
  • google+
office-614273_640

中国人の買い物リストを上回れ!

 

中国人観光客の「買い物リスト」なるものをご存じでしょうか。その買い物リストを持ち、それを制覇しながら、観光地を奔走するのが観光客の動きといっても過言ではないでしょう。

今回はその買い物リストについて少しお話をします。

みなさんはスーパーに買い物にいく前、メモはつくりませんか?覚えておける程度なら大丈夫なのですが、たとえば手の込んだ料理なら、買い忘れのないように工夫すると思います。

実は、観光客の持ってくる買い物リストは、そういったメモとは、さらに一線を画すのです。さて、持ってくる「買い物リスト」の、内容はどのようなものなのでしょうか。

 

『買い物リストの作成』

まず、中国人観光客の動きとして、来日する前に買い物リストを作成します。

なぜか。自分だけの買い物なら、そこまでこだわる必要はないのですが、家族、親戚、友人、同僚周りの人から相当数頼まれるからだそうです。

さて、周りからの依頼をもとに、具体的なリストを作るわけですが、その内容はなかなか細かい。

たとえば 、のど飴のメモなら

株式会社龍角散「龍角散ダイレクト」

たとえば、薬のメモなら

皇漢堂製薬「ビューラック400」

という風に間違えないように

会社名、商品名、なかにはmlや何個入りなどの数量指定など。

そして、これらの情報を本土で収集し、大量に持ってきます。

代表格は、化粧品、医薬品、お菓子類ですが、その他多方面にわたります。大量の情報が詰まった買い物リストを手に、自分の観光そっちのけでリスト消化におわれるようです。

 

pharmacy-218692_640

 

 

実際に来日すると、日本ではその商品のグレードアップ品が出てきていることがあるため、店頭で商品画像を撮影し、友人に判断を仰ぐこともよくあるそうです。

『どうやって売り込めばいいの?』

中国人観光客相手にどのようにして売り込めばいいのか。一番感じな話はここです。

情報戦をするなら、その商品の情報を直接的に中国本土に送り込むか、口コミをソーシャルバイヤーとつながって広げるか・・・という風にある程度、限られているのですが、観光立国としてお出迎えするなら、やはり買い物リストを上回るサービスの提供をしたいですね。

特に、日本の現地にしかない「おみやげ」は、「キラーアイテム」といえるでしょう。時に中国人観光客にとってお土産は、本人のメンツにも関わってしまうものです。マンション、ご町内、まるごとの大規模な範囲のおみやげを買わないといけなくなることもしばしばあるようです。まさにセンスを問われる象徴のようなもので、観光客本人が、自分の買い物がそっちのけになるのも、わかります。

その大事なお土産の内容は、買い物リストを上回る可能性を十分に秘めています。

実質売り上げを上げた店舗は、顧客目線で中国語を取り入れた看板を作ったり、デザインを変更したり、語学を学んだりしています。

そして、中国人観光客に特に有効な必殺の会話術もあります。その会話術を用いることで、購入意欲を高めることができます。それをプロデユースしているのが、私たち【お客は外国人】です。

 

 

こっそりですが・・・すぐ使えるものを一つだけお教えしましょう!

 

只有这边卖(ずうようじょうびえん まい)

 

「ここにしか売っていません!」です。

 

さぁ、最低でも売上げ3割増を目指すために、ともに情報を集めていきましょう。

2015.05.11