• facebook
  • twitter
  • google+
hefeweizen-455578_640

うまいビール!の日本と中国の価値観の違い。

「仕事終わりの一杯」

どんなに美味しいご飯も、冷めるとあんまり美味しくない。けれど、出来立てのお米を温かいうちに食べたら、おかずもいらないぐらいの、何者にも勝る美味さがありますよね。ビールでも同じことがいえます。「仕事終わりの一杯」を楽しみに、「今日も1日を頑張ろう」と思う人は多い。しかし、ビールが冷えていないまま出てくると、ちょっとイラっとしてしまいませんか?

さらにいえば、少しぬるめなんかで、出てこられた日には、一気にテンションが下がってしまって、どうしようもありません。

日本のお店では、「ぬるめで出してくるなんて、冷蔵庫壊れているか、マナー的に問題があるんじゃない?」と思ってしまいますよね。

けれど、隣国の中国では、その出し方こそが最高のもてなしのひとつとして、考えられていたりするのです。

 

beer-mug-406470_640


中国のもてなし

大陸には、島国ではわからないほど、たくさんの人が暮らしを営んでいます。そして人口が多い分、価値観もさまざまです。多様な生き方、暮らし方があります。人の往来も絶えません。日本の居酒屋や普通の飲食店では、真っ先にビールを頼んだら、キンキンに冷えたのが出てくるのが当たり前だ・・・って、そう思うこと自体が「当たり前」な状態です。

けれど、それがいざ中国に行くと、まずビールを注文した時点で、店員さんにこんな風に聞かれるでしょう。


「常温?それとも冷えたもの?」

つまり、ビールの飲み方が違う人がいるので、どちらとも用意している必要があるのです。

これは本当に見習わないといけません。だって、日本に来ている観光客、特に中国人の方、アジアの方の人数たるや、本当に計り知れません。

 

夏なんかでいえば、ビールに限らず飲み物は、基本的にキンキンに冷えたものが出てくるものじゃないかと、日本人なら誰もが思ってしまうでしょう。でもそれは、実は日本の好みにすぎません。いってしまえば、それが価値観の違いみたいなものです。




世界のビールには、種類がたくさんあることを知っているでしょうか?そして、それぞれのビールには、美味しく飲めるのに適した温度があるんだそうです。常温が適しているビールだって、たくさんあります。

ではなぜ、日本ではみんな常温のビールを飲んでいないのか。

実は、日本のビールは、日本人の好みにあわせ、冷やして美味しくなるように作られているものばかりなんです。だから「冷えていないと美味しくない」と感じてしまう。冷えた状態が美味しいと、まるで水を飲むかのようにゴクゴクと飲んでくれる人が増えます。すると消費されていく数が増え、つまり生産率も上がるというわけです。



 

観光国としての意識を高めよう

beverage-15706_640


これからは、インバウンド(外国からの観光客)の方たちにあわせ、ビールひとつにしても、違う飲み物にしても、飲み方を変えられるような仕組みづくりが必要かもしれません。特に飲食店は、そういったことも気をつけないと、観光客の方に二度と来てもらえなくなってしまうかもしれません。

「いっぱい買い物をして、疲れちゃった。こんな時はやっぱりビールだわ」と思って楽しみに来たお客さまをがっかりさせないように。

価値観を押し付けるのでも、価値観に合わせるのでもなく、みんなが楽しく過ごせる日本にしていきたいと願うばかりです。

 

2015.04.10