• facebook
  • twitter
  • google+

タイTV番組とコラボ

https://www.facebook.com/bangaortv/?fref=ts

 

Thailand国営TVMIRACLE9局のTV番組BANGAOR (日本名「なるほど」MC NOON KONGKAPAN 毎週日曜13時から1時間)と、(社)日本観光立国推進協会のコラボが発足。

BANGAOR番組中に、日本紹介コーナーであるHONTONI ?Japanがスタート。タイ人観光客が行ってみたい日本の情報が毎回12分枠を使って放映される。

IMG_1508

 

タイ人観光客の昨年入国数は80万人。2916年今年は100万という予想である。タイ人観光客にはすでに査証免除措置が取られている。つまりタイ公民は自由にわが国に入国可能というわけである。加えてLCCの発達で片道(バンコク→関空)1万円という路線も出現するありさま。このためタイ人観光客は金曜夜にバンコクを出発。土曜日早朝関空についてそのまま土日を日本で過ごして日曜夜にまた飛行機に乗ってタイに戻って月曜朝、素知らぬ顔で職場に出勤。こんなつわものが多数出現している現実がある。

一方タイ人が受け取れる日本の観光情報は極めて「いびつ」な状況である。

読者各位は「日本の観光ランキング情報NO1]はどこか?ご存知だろうか。

答えは伏見稲荷(京都)。

伏見稲荷TA情報

 

 

意外に思う方も多いと思うが、ここ数年「不動の人気」が根付いてしまった感がある。ここでご注目いただきたいのは

観光客が集まったから一位になったのではなく、一位になって観光客が集まりだしたという事実である。

ということは、ランキング30位とか50位とかましてや100位なんて観光地には未来永劫ヒトは集まらないという現実。

インタネットの世界ではすでにこのようなインバウンド事業者の二極化&固定化が進行しつつある。

観光立国推進協会ではこのような現実に「まった」をかける施策としてTvによる周知効果→「あ。ここ知ってる」という親近感と安心感を日本に来る観光客に感じていただく作戦を展開中である。

第1枚目画像は コラボ関係が成立した「Bamgaorのメインキャスター NOON KONKAPAN]